男性の多くが肥満で悩む理由について

肥満を気にする男性の多くは、健康のために体重を減らしたいと思うようです。一昔前まで肥満を気にしてダイエットをするのは女性というのが一般的でした。男性もダイエットをするようになったのは、肥満と健康リスクの関わりが注目されるようになってからです。この頃は、肥満を予防し健康づくりに役立てるために、メタボリック症候群という言葉も登場しています。メタボリックシンドロームは内臓脂肪型症候群と呼ばれていて、いかにも体に悪そうなイメージです。メタボリックシンドロームになると、心筋梗塞や、動脈硬化の危険性が高くなりますので、体質や健康の見直しが求められます。男性だけでなく、女性でも、肥満が進行すればメタボリックシンドロームになることがあります。昔からビール腹という言葉は男性の代名詞だったことも起因しているのかもしれません。男性の中には、肥満体型になる前にと、早いうちからダイエットを開始するという人もいます。男性が行うダイエット効果のある運動としては、水泳やジョギングなどの有酸素運動、道具のいらない腹筋や腕立て伏せがあります。健康診断で肥満であると指摘された時には、日ごろの食生活を見直して、運動不足を解消することが必要です。男性のダイエットの場合、のめり込みすぎて身体に負担をかけすぎてしまうことがありますので、急激なダイエットにならないように段階的に行うといいでしょう。
フレキュレル